吉高の大桜

平成30(2018)年4月14日(土)、地元の桜の名所、千葉県印西市の吉高の大桜について、現状と今後について、吉高の大桜を守る会事務局長、内藤幸一氏の講演を拝聴致しました。

「灯台もと暗し」とはよく言ったもので、地元にいるとやはり知らないことが多くありました。
吉高の大桜は、樹齢300年とも400年とも言われるヤマザクラで、20代続く須藤家の個人所有であり、印西市の天然記念物に指定されています。

clearfile-1-1.jpg
(吉高の大桜を守る会クリアファイルより転写)

今回は、私の所属する経営塾に全国の桜を見る会・桜盛会と言う塾生の会があり、全国から集まった塾生桜愛好家の会合での講演だったのですが、この大桜を含めた全国の桜の経済効果は、ある試算では6717億円余にもなり、海外からの観光客の増加に伴い、今後も増えていくとのこと。

因みに、上野動物園のパンダのシャンシャンは267億円、スカイツリーは835億円(同試算)ですが、これは年間を通じての数字であり、桜は花の季節(全国で2カ月ほど)だけの数字ですから、いかに大きな市場を持っているかがわかります。因みにこれは、早春の梅から始まり、春の桜・初夏の藤、夏のヒマワリ、そしてモミジなどの紅葉の季節まで含めると、日本の植生に関わる地域資源のポテンシャルが、いかに高いかを示しています。

しかし、課題も多く、吉高の大桜には、老木故の保守に関わるコストや、近年は害獣被害もあり防護柵等の設置など、悩ましい問題も発生してきているそうです。今回、桜盛会及び盛和塾佐倉支部より参加した塾生一同より浄財を募り、「守る会」へ寄付を行いました。末永く美しい花をつけて、人々を喜ばせてほしいものです。(terra)

yoshitaka_oozakura-2-1.jpg yoshitaka_oozakura-5-1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

夜桜 2018

小林牧場のメインストリートの桜並木。

yozakura-1-1.jpg
何やら自慢の愛車を桜と共にバシバシ撮る人々が溢れとりました。

yozakura-2-1.jpg
当夜は満月。月影の桜は美しかった。。。(terra)

『生活に安心・安全・快適を…。』 ㈱テラコンのサイトはこちら

隠れ家的カフェ

okanomieru-2-1.jpg
丘の上カフェ
コーヒーはサイフォンのまま(だいたい2杯分)でサービスしてくれる。

mariposa-1-1.jpg
マリポサカフェ
ちょっと時間調整で入った。その後食事に行く。ガパオごはんが美味しかった。(terra)

『生活に安心・安全・快適を…。』 ㈱テラコンのサイトはこちら

成田太鼓祭 2018

平成30(2018)年4月14日(土)~15日(日)、今年も太鼓祭が開催されます。

太鼓祭2018パンフ

『生活に安心・安全・快適を…。』 ㈱テラコンのサイトはこちら

隔月講演会参加

平成30(2018)年3月19日(日)、毎度隔月参加の講演会に参加して参りました。

dokko-2018-3-1-1.jpg

dokko-2018-3-2-1.jpg

森友問題ばかりが報道されていますが、我が国を取り巻く状況はまさに内憂外患。寒かった冬も一雨毎に春に向かっており、いつもならほっとする時節なのですが、今年は時間の経過がどこか恐ろしいように感じてなりません。危機が訪れるとして、果たしてそれをチャンスに変えることができるのか?現実を見据えた日本人の度量・力量が試されております。。。(terra)
プロフィール

株式会社 テラコン

Author:株式会社 テラコン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード